トップページ | あいづち。 »

2006年2月 1日 (水)

『オーラの泉』

私は一人っ子なのですが、ホントは兄が3人いたはずなんです。何と言う宿命か、みんな生まれてしばらくしてこの世を去ったらしく・・・ 命名もしていてもちろん出生届も出していたので、もし私が男だったら戸籍上は四男。女に生まれてヨカッタぁ~と思います。(いちいち説明しなきゃだし)そんなツライ経験を乗り越えてやっと私を産んだ母。なので、本当にいっぱい愛情をもらって育ててもらった実感があります。姉妹のように仲の良かった母。健康が自慢みたいなタイプだったのに、そういう人に限って早くいなくなっちゃうもので・・・ 

母が他界した時はそれはそれは悲しかったけど、母が教えてくれたコトって自分の中にちゃんと息づいているなぁ~と気づき始めると、だんだん自分も母のようにしっかりアレコレ考えて生きようと思い始めて、精神的に初めて“自立”した気がしたんです。うちの母は私を目の中に入れても痛くないほどの愛情表現をしていたので、私はどうしてもどこかで自立しきれなかったんでしょうね。普通の親子関係の場合、もっと早く自立してるはずですから 笑。

もちろん今、元気に母が生きてくれていたら楽しかったに違いないけど、母はきっと充分に私に愛情を注ぎ、人として大切なことを教えて、彼女なりの人生をまっとうしたんだと思い、私を自立させるための意味もあった彼女の寿命だったのかなと思うまでになりました。3人の兄が生きていたとしたら、きっと私はこの世に誕生していなかったでしょうね。。だからきっと、私は3人の兄の分も健康で色んなご縁に恵まれて、シアワセに楽しく生きていられるんだなぁとこの頃思うんです。

江原啓之さんのお話を聞いていると、そういう縁って絶対にあるんだとさらに実感します。この世に偶然はないんですって。この世で起こる事は全て必然らしいですよ。今、出逢えている人達とは出逢うべくして出逢っているんですって!特に親しくなる(あるいはすごく苦手な)人とは、その出逢いから何かを学びとるための大切な意味のある出逢いなのだそうです。

今までTVでチラッと見ても、本屋さんで著書を見たって、「江原啓之?」「スピリチュアル??」「うそだ~」と思っていたのに、この頃この方のアドバイスの凄さにハマってます。ホント凄いイイ方!!私の中学からの親友も申し合わせたわけでもないのに、この頃、江原さんにハマってると言い出し、ホントにこのコとの深い絆も再確認 笑。

『オーラの泉』は水曜の深夜にテレビ朝日系列でやってます。観たことない方はオススメですよ♪お化けとか、幽霊とか、ホントーーーに苦手(>_<)な私が、そういう世界もちょっと恐くなくなりつつあるくらいですもの 笑。

スピリチュアル生活12カ月 本当の幸せに出会うスピリチュアル処方箋  

|

トップページ | あいづち。 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/46259/658302

この記事へのトラックバック一覧です: 『オーラの泉』:

トップページ | あいづち。 »