« キャラメルバーボン | トップページ | 久々ポルノ。 »

2006年3月29日 (水)

『おおきな木』

おおきな木

江原さんの著書で紹介されていた絵本『おおきな木』(著者シェル・シルヴァスタイン:篠崎書林)。この絵本、私は読んだ事がないのですが読んだ事がある方も多いかもしれませんね?タイトルは聞いたことある気がするし、表紙の絵も見たことあるかも・・・一本のリンゴの木と少年の話なのだそうです。

木が少年にいろんなものを与えていくストーリーで、「こうだ」という結論があるわけじゃなく、読む人によって色んな受け取り方ができるらしいのです。書物でも映画でも、答えがみえない作品って素晴らしいですよね。自分の中であれこれと想いをめぐらしたり、周りの人と意見を交換したくなる作品ってまさに“文化”だなぁーというかんじ。歌にしてもそうかもだけど、色んな受け取り方があっていいというか・・・ 作者的に込められたメッセージというものもあるでしょうが、それを1つの話題提供というか問題提起として、自分なりの発想を広げる時間って大切ですよね。

『おおきな木』を読んで自分はどう感じるか?今、出逢ったのもご縁かしら。読んでみましょっと。

追伸●PCがちょっと不調~・・・ 立ち上がらない時があったりしておそろしやおそろしや(泣)・・・・ 1月に入院させたばかりなのになぁー(>_<) 頑張れッ VAIO君!!!!!!!

|

« キャラメルバーボン | トップページ | 久々ポルノ。 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

●ツマ。さんへ○
そうですそうです。そのようです!木が色々と
少年にあげていって、最後には切り倒されちゃうような
お話のようです。私もいつかどこかでチラッと読んだ気も
するんだけどね・・・・ 
今度、ちゃんと読んでみようと思っています。
ツマさん、絵本好きなのかも♪よく知ってますね~(^∀^*)
そして、ブラボ~☆VAIO仲間☆☆☆

投稿: スミレ* | 2006年4月 2日 (日) 22時57分

これって最後に切られちゃうアレですか?違うかな。。。かなり前にそんな内容のを読んだんですがツマは悲しかったような気が。。。もう1回読んでみたいですね~、今度は自分がどう感じる事ができるか。。。
ツマもVAIOで~す(≧∇≦)ウチのはツマが麦茶ぶちまけた時以外は元気にしてます(・ω・)b

投稿: ツマ。 | 2006年3月31日 (金) 20時43分

およッ 同じくでしたか(^u^)
VAIOノートですよん♪以前のFUJITSUは故障知らず
だったんだけどね。このVAIOくん、放熱部分のとこが
アッチッチになってお正月に入院したんですね。
それは直って帰ってきたんですけど
この頃、またちょっと???????な感じ。
入院費4万円ってのが微妙な価格だったなと
思います 笑 もうちょい高かったら買い替えも
考えるもんね。
kikiさんちの、かっちかっちと音が鳴って
勝手にダウンってのも恐いですねぇ~~
頑張れ!VAIOくん達!!\(^o^)/


投稿: スミレ* | 2006年3月30日 (木) 21時39分

!!!!!
なんとスミレさんのオタクもVAIO?
私もですよ。同じくして入院させました。
かっちかっちと音がなって勝手にダウンしたり、立ち上がらなかったりしました。お手上げ状態で修理に出したら復活して帰ってきましたけど・・・VAIO壊れやすいのでしょうか。。。

投稿: kiki | 2006年3月30日 (木) 00時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/46259/1211580

この記事へのトラックバック一覧です: 『おおきな木』:

» 愛は惜しみなく与え、奪う [映画 本 コミックレビュー●うきうきウォッチン●]
「The Giving Tree」  『The Giving Tree』/ Shel Silverstein        邦題:『おおきな木』/ シェル シルヴァスタイン これはもう・・・知らない人はいないアゴがワシワシする名作。 「家庭に1冊、心に1冊推進派」会長の白髭は、何かの折にこの本を贈り、 お前ぇのその腐った心をこの清涼な物語と、それを贈るわしの穢れなき魂で洗い流しちゃえよ! そして、曇りなき眼で見定めよ!この世のアレやコ... [続きを読む]

受信: 2006年6月 9日 (金) 11時55分

« キャラメルバーボン | トップページ | 久々ポルノ。 »