« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月

2006年5月30日 (火)

ブログ友達。

今日はブログを通じて(モデルのアンドレを通してかな?笑)お友達になったkikiさんと初めてお会いする機会がありまして、kikiさんの大阪旅行最終日に梅田で待ち合わせて昼食&お茶してきました♪日頃、ブログを通して会話しているせいなんでしょうね。お互いに近況など良く知っていて(笑)初対面とは思えないほど色んな話ができてホント面白かったです。kikiさんは笑顔がチャーミングな可愛い方でした(*^_^*)

【ねぎ焼きのやまもと】でねぎ焼きランチ。私はすじとコンニャク入りのすじねぎ焼きにしましたが、あっさりしてて美味しかった~

P1000157_1 

待ち合わせ場所で待っている時、横断歩道の向こうで信号待ちしているkikiさんらしき女性を発見。思わず嬉しくて「見つけちゃったかも♥」とメールを送信したら、そのkikiさんらしき女性が携帯を取り出してメールを読んだんですよね。(あたりまえか~)それって確認するために送信したワケじゃなかったんだけど、その光景を見てふと、まるでロンドンハーツのアツシになった気分がしました(^u^)

ブログを通して仲良くなった方とは実際に会っても話題に事欠かない気がします。いつか他の皆さんにも会えるといいなぁ。
kikiさん、今日はホント楽しかった!!お疲れ様&ありがとう~♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年5月29日 (月)

エビちゃんOL

今、私のパソコンの壁紙はこれ。

P1000155_1

資生堂【マキアージュ】夏ヴァージョンのエビちゃん

プールサイドで美女2人のかる~ぃ悪巧みが魅力的。そしてエビちゃんの目配せアップショットはホント~に可愛いです!だが、しかし・・・ プールサイドでその可愛さにやられちゃう男の人。カッコいいけどちょっとオヤジっぽくないですか?今どきの“ちょいワルorちょいモテオヤジ”風ですか~??もすこし若い感じの方が良くないかなぁ・・・とぼんやり、勝手に別ヴァージョンを想像しちゃうワタシ(^^;

ちょこっと都会に出かけると、今、街はエビちゃんOLで溢れてるんですネ~ あの子もエビちゃん、この子もエビちゃん、大人の女性までエビちゃん風な感じでいっぱい。柔らか素材のワンピにGジャンな方が多かったな。まぁ、エビちゃんならずともこの季節には着やすいファッションですしね。見ていても可愛いし、綺麗で女性らしくてグッ☆あと、色使い的に淡いピンク+白でエビちゃん風の人も目に付きましたね。

思わず、CMで気になりつつ見たことなかった“fashionwalker.com”を初めて覗いちゃいました。なるほど~。こんな感じなのか。エビちゃんやもえちゃんが着てるファッションは実際に着やすそうだし、可愛いし、やっぱりイイよね。逆にどこか人と違う部分を取り入れて、上手に差をつけるのがお洒落ポイントかもしれませんね(^_-)-☆ 個人的には髪の色が落ち着いたのでオリエンタルカラーに魅かれる今日この頃。紫っぽい色や濃いピンクや綺麗なエメラルドグリーンなどなど・・・ ポイントカラーにそんな色もいいかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月26日 (金)

金曜日=Mステ♬

最近、必ず見ているTVは「グータンヌーボ」「オーラの泉」そして「Mステ」かもしれないなぁ~ 音楽はいいです。やっぱり。洋楽もスケールが大きくてもちろん好きですが、映画と同様“J-POP”もやっぱりイイなぁ♪

今夜のMステでは、今までどこか敬遠していた倖田來未サンが新曲「恋のつぼみ」を歌うのを聴き、ついに彼女のパワーを認めようと思いました 笑。この曲、可愛いんだもん。「ブスの瞳に恋してる」の中でかかるとなぜかしらウルッとしそうになるメロディー&フレーズなんだもん。。 

私は関西人&関西弁なので倖田來未サンの関西弁は全く違和感なく普通に聞いておりますし、新曲の歌詞が関西弁なのもフツウに聴けてるのですが、全国的にはこの曲が関西弁だというところもチャームポイントなのかな?まぁこの方、関西人ですし、ガッツありますし、正直そうだしね。元気な女の人はやっぱりいいです!ダイエットコークのCMにも出演されてるでしょ?あの取材の時、「私もダイエットの時、小腹が空いたらダイエットコークを飲んでお世話になりました~~~」と女の子が食いつきそうなネタを披露してたんだよね。その時も微妙に好感持ったんだけど 笑。わかるというか一緒なんですよね。ダイエットコークにしろ、炭酸水にしろ、シュパーッ!とした炭酸の満足感は空腹をしのぐのに役立つと私も思うので。今夜のMステでついに倖田來未サンの良さがついにわかっちゃったかな~っっ・・・ でもやっぱり過激な露出はちょっと・・・●△■☓◎ですけど・・・ 汗

でも、今夜1番良かったのはやっぱり山P!!!!かっこいい~ かわいい~~♪私の友達は今夜のメンバーの中では“福山雅治 is BEST” だそうですが、私はやっぱり福山<山下かな-☆

Music 抱いてセニョリータ (通常盤)

アーティスト:山下智久
販売元:ジャニーズ・エンタテイメント
発売日:2006/05/31
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (6) | トラックバック (3)

邦画×3。

日本人としてセリフのニュアンスの端々まで感じる事ができるし、偏った人間模様や心理描写がされたヨーロッパ映画の香りがする不思議な作品も多いし、色んな邦画作品を観たいなぁと思います。まずは最近観た邦画3タイトルについて_φ( ̄ー ̄ )メモメモ

始めは『子ぎつねへレン』

「子ぎつねへレン」オリジナル・サウンドトラック・アルバム

これは劇場で観ました。命の尊さや、大人が忘れがちな純粋な子どもの目線に、心が洗われる想いがしました。主人公の深澤嵐君が可愛かったし、母親役の松雪泰子さんも驚くほどスリムで透明感があって美しいなぁと感心したり、大沢たかおさんも若い頃よりずっとカッコよくてキャストも良かったなぁ。

次は『サマータイムマシンブルース』

サマータイムマシン・ブルース スタンダード・エディション (初回生産限定価格)

これは映画好きの「渋谷でママ気mama徒然日記」のcremamaさんのブログで紹介されていた時から観たいなと思っていた作品。cremamaさんのレビューがとてもわかりやすいので参考にどうぞ♪《http://blog.livedoor.jp/heartydays/archives/50127275.html

ホ~ント青春!!って感じで、男の子達のおバカ加減が何とも面白可愛かったです。いいよねぇ~ こんな時期って。こんな思い出があるからこそ人生やっていけるんだなぁ・・・なんて思っちゃいます。横道それまくり、寄り道しまくり・・・ だけどお腹の底からうずうずと可笑しさや笑いが突き上げてくる楽しい時代。そのお気楽さが意味不明に映る方もいるかもしれないけど、【タイムマシーンの謎】について誰しも一度は真剣に考えた経験ってないですか?そこのところの考察もなかなか面白かったです。色んな展開が良くできていてウケました(*^_^*)cremamaさんの感想同様、瑛太クンホント~に可愛かった!!そしてキーワードは“ヴィダルサスーン”? 笑 

この映画はヨーロッパ企画という同志社大学発の集団(劇団?)の作品なんですね。メンバーの方々、個性的ですね。舞台版も面白そうだな~・・・ 現在初舞台に向け猛稽古中のイチオシ*クンにも見せてあげたいです!

最後は『ヴァイブレータ』

ヴァイブレータ スペシャル・エディション

寺島しのぶさん主演の作品。偶然コンビニで知り合った男女がそのままトラックで一緒に四日間旅するお話。きわどいシーンもあるし、出逢い方自体、普通じゃないけど、【2人が視線を合わせてお互いに興味を感じたらそれが出逢いなんじゃない?】とか思えたりもして心の奥底の不思議な感覚をつつかれる作品でした。

最近、寺島さんに興味があるんですよね。しかも相手役が大森南朋さん。この方、現在「ブス恋」に出演中だし、黒木瞳さんの「恋の時間」では大塚寧々さんの相手役。すごくカッコよいわけでもないのにミョ~に男臭いフェロモンがあって存在感のある人・・・と要注意人物でした。『ヴァイブレータ』でも元不良で悪いことはやりつくした感じの男。でも、学歴や知性はなくても、男としての本能の包容力・体温が感じられて何だか頼もしい感じがしてきちゃうんですよね。やーっぱり味のある、内面に面白いものいっぱい持ってそうな不思議な俳優さん!

この映画はトラックで移動する車中から見える道路や風景のシーンも多く、自分もトラックに乗って旅する感覚にもなれて不思議でした。無意味な感じの作品でいて、きちんと温度がある作品でした。寺島しのぶさんは『東京タワー』でも松本潤クン相手に体当たり演技をされていたし妖艶な役やぶっ飛んだ役も多いけど、何をしても「品」のある女性ですね。さすがです。

ちなみに月曜日の「笑っていいとも」のテレフォンショッキングに大森南朋さん出演されるのでチェックしなきゃーー★

| | コメント (2) | トラックバック (3)

シフォンケーキ

久しぶりにシフォンケーキを焼きました。シフォンケーキって、難しい材料いらないし、卵白の泡立てさえきちんとすれば絶対に美味しいから嬉しい。膨らみ加減や、へしゃげ加減(笑)、日によって若干の成功・不成功がありますが、味は変わらないということで満足しておきましょ♪(^u^)

P1000148 卵黄混ぜ混ぜ・・・

P1000149 さらに混ぜ混ぜ・・・

P1000146 今度は卵白

P1000145

合わせて

P1000144_1 ケーキ型に流し入れオーブンで焼く

P1000151 P1000147

で~きた!!
う~ん なんか見た目イマイチだけど美味し~んです。今度はちゃんとデジカメで撮ってちょっとでも美味しそうに見せなくちゃ 笑

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年5月19日 (金)

麻生祐未CM×2!

麻生祐未さんのCMが面白い!現在放送されている2つとも面白いのです。

KIRIN 「モルトスカッシュ」
「なんでこの人だったんだっけ?」と目の前の夫を見ながら出会った頃を回想する妻。「あっ、酔ってた・・・。」と妻は理由に気づき微妙な表情 笑。CMコンセプトは【大事なときは、モルトスカッシュ】※アルコール分ビールの1/10なんだそうです。ぷぷぷッ

Morutoyumi

大塚製薬「スゴイダイズ」
産地直送の巨大大豆売り(!?)の青年に一瞬で淡い恋をする主婦の祐未さんが面白いです(^u^) ドキッ☆とする瞬間、女性ならわかるんじゃないかなぁ?そんな表情が素敵です。

Daizuyumi

ワタクシ、牛乳が苦手。なので豆乳にはチャレンジしてみようと思いつつなかなか手が出ないのですが、本気で飲んでみよ。マメチチw。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『IN HER SHOES』

やっと、『IN HER SHOES(イン・ハー・シューズ)』を観ました。映画館やTVでの予告が地味だったので正直そんなに期待してなかったけど、面白かった!この映画、私はかなり好きです。登場人物がみんな嫌味がなく堂々とした魅力的な俳優さん揃いなので、人生の普通の日常を淡々と描きつつも、人物の個性がしっかりと感じられ、とても味わい深い作品でした。

Inhershoes1

しっかりモノで真面目で保守的な弁護士の姉と、美人でお気楽で自由奔放な妹。時に傷つけ、傷つけられながらも、心の底ではお互いを気遣い合って共に人生の時間を生きてきた2人の濃い絆。姉は妹に許しがたいことをされ、深く傷つくんだけど、その事を機に今までの自分の殻を破り新しい発見や出逢いがあったり、妹もどこか満たされていなかった心の隙間を埋める出逢いにより真実の愛を知る・・・ 

アメリカの映画の素敵なところはとってもチャーミングなお年寄りが登場すること♪キャメロン・ディアス演じる若くて綺麗な女のコにも「女の先輩・人生の先輩」として経験上のアドバイスはするけど年寄りじみたコトは一切言わない。この映画の中に登場するおじいちゃん、おばあちゃんは、死ぬまで恋もお洒落も現役なんですよね(*^_^*) ホ~ント他の作品を観ていてもクスッと笑うお茶目さがあって、欧米のおばあちゃんって可愛くないですか?年をとってもあんな感覚であり続けることができるんだ・・・と勇気と期待をもらえちゃいます♪Inhershoes2_2

私は元来、人間ウオッチングが好き(というよりも『人間が好き』なんですが)なので、淡々と日々を描いた作品は昔から好きなんですよね~。派手な映画や、ありえない現実逃避できる映画も好きだけど、『ホテル・ニューハンプシャー』『キルトに綴る愛』など地味そうで味のある映画もホント好き。『イン・ハー・シューズ』もそんな作品の1本になりました。

それにしてもキャメロン・ディアスはやっぱり可愛いなぁ~ キュートでイタズラっぽい表情やしぐさは彼女の天性のモノですネ♪ユーモアたっぷり、それでいてどこかにナイフのような鋭い感性がある生き生きとした女の人好き!!

イン・ハー・シューズ イン・ハー・シューズ

販売元:20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
発売日:2006/04/07
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月17日 (水)

黒髪。

先週、美容室でカラーリングしたんですが、今回仕上がりが思いのほか黒くてビックリ!いつもと違うヘアカラー剤試してイイ?と言われ、適当にお任せしちゃったら予想外に黒かったぁ~(^^; どどどどどうしよう!?と内心動揺していたのに、仕上がったヘアを見て「エビちゃんみたいですね~」と後ろで見ていたシャンプー係のお兄ちゃんてばお気楽なコト言うし~・・・ どこがエビちゃん!??100m遠くから見たって、1cmの至近距離に近づいたって、決してエビちゃんには見えないしー(>_<) まぁ、かろうじて仕上げのスタイリングのみ心持ち・・・?てな程度でしょ。てか、やっぱり黒髪のイメージにエビちゃんはない!

まぁ数日たてば見慣れるかなぁと思いそのまま美容室は出たのですが、顔馴染みの洋服屋のお姉さんにも「一瞬、誰かわかりませんでしたぁ!」って驚かれてねw 髪の色が少し違うと、似合う色も違ってくるし、なんか変な感じです(^^; イメージチェンジ&気分転換にはなるんですけどね。

も~ 気分は山下君 笑。(今、黒髪だから)

でも、街ですれ違う人を見るとホント今や日本人の髪って茶髪率ものすごく高いですね!?だからまぁ、せっかくだししばらくは黒髪で過ごしてみようかなぁ~と思ってはおります。なんかまだ落ち着かない感じで、鏡があったら必ずじーっと見ちゃいますけどね。メイクも洋服も何色が似合うのかなぁ・・・ 今朝見たTVでは寺島しのぶさんも松たか子さんも黒髪だったので勝手に親近感持っちゃったりしました(^u^)素敵な黒髪の人をいっぱい見てイメージ高めていきたいです。

| | コメント (10) | トラックバック (2)

2006年5月16日 (火)

mihimaru GT

mihimaru GTって前からすごぃ可愛い声で気になってました。「ユルメのレイデ」とか「恋する気持ち」も可愛かったけど、今回の「気分上々↑↑」っていう曲もすごくイイですよねぇ。このお2人自身もなんだかとても感じよくて好感♪

気分上々↑↑

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月15日 (月)

まみれてるか?

Town & Country のCM曲、ORANGE RANGEの「Walk on」好きだなぁ~。この曲は映画『チェケラッチョ』のエンディングテーマでもあるんですね。CMの最後に出てくる「まみれてるか?」という言葉もなんかいい。
同じくORANGE RANGEの「チャンピオーネ」はワールドカップサッカーのNHKのテーマ曲・・・ 
そして今日、ついに日本代表メンバーが発表されましたね~ 友達の家でリアルタイムでTVのジーコ監督の会見を聞きました。「カッワグチィ  ミヤモートゥ  エンド オグゥロ・・・ 」 ジーコが発表するたびに私達も思わず復唱して選手名を確認 笑。「あぁ!川口!? オグロ・・ 大黒!」とか叫びながらもはや盛り上がった!!\(^o^)/選ばれた選手、選ばれなかった選手、ホント厳しい世界ですが、是非是非、代表選手の皆様頑張って下さい!!
6月は日本中、サムライブルーにまみれるんだろうなぁーー!!○●○●○

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月14日 (日)

イチオシクン高2ノ夏

今年2月、某大手芸能プロダクションのオーディションを面接まで進みつつも落ちてしまった私のイチオシ*君@高校2年生。現在は、関西のプロダクションでレッスンをしながら、メジャーデビューを目指して修行中。そんな彼からGWに電話が。「夏にレッスンを兼ねて舞台に出演することになったでー」と、弾んだ声で話してくれました(*^_^*) まだ配役が決まっただけのようだけど、声がすごーーーく生き生きとして頑張っている「本気加減」が伝わってきてすごく嬉しかったです!

私とイチオシ*君は年齢が離れているので、彼は自分が頑張っている状況を何の遠慮もなく私に「オレえらいやろー?」「オレ、頑張ってるで~」と自信満々&ハイテンションでアピールできる 笑。同世代相手にだと、ちょっとカッコつけちゃったりするかもだけど、全然違う時間を生きている私が相手だとカッコをつける必要がなくてラクなのかも?? 私も「ホントにすごいわぁ!エライッ!感動~!カッコイイ~!」と手放しでハイテンションに大喜びだから(* ̄m ̄) もちろん普段はバリバリの高校2年生で、映画「チェケラッチョ」「キャッチ ア ウエーブ」のように友達とハイテンションLifeを過ごしているわけですが、私のような大人とも普通に話せるこの子はやっぱ大人っぽい精神の持ち主だと思います。と言うか、やっぱり人って肉体的な年齢と精神的な年齢は全く同じではないんでしょうね~ ある意味心のテンションのバランス加減は私達、同世代なのかもしれません。プッ

「キャッチ ア ウエーブ」といえば、1年くらい前かなぁ?【高校1年生の男子が初めて書いた小説で、しかも彼の夢が叶って出版・映画化されることになった・・・】という話を「とくダネ」で小倉キャスターがしていたのを聞き、“少年の夢を叶えるお守り”のような一冊としてその時イチオシ*君にプレゼントしたんですよね。

キャッチ・ア・ウェーブ

映画化にあたって、Def Techが「Catch the Wave」という素敵な曲を作ってくれ、ホ~ント作者の高校生は幸せな想いでいっぱいだろうなぁ~ 近くの劇場ではやってないみたいなので映画は観れてないんですけど気になる一本です。「チェケラッチョ」も面白そうだし。《参考:竹中直人さんインタビューhttp://movies.yahoo.co.jp/interview/200604/interview_20060428001.html

Catch The Wave

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006年5月 3日 (水)

『Mr.&Mrs.スミス』

映画館で観そびれた「Mr.&Mrs.スミス」をやっとDVD鑑賞。

Mr.&Mrs.スミス プレミアム・エディション

とにもかくにも、オッシャレ~な2人なのでどんなシーンもカッコよかったです。下着姿での戦闘シーンすらサマになっちゃうんですから・・ やっぱり画面で観るのは美しい方がいいですね。長州○力のようなあぁいうお腹は私はできれば観たくないかも・・・ 芸じゃない気がする~ あれは反則ワザだー(>_<)

でもやっぱりこの手の映画は、劇場で観ないと作品の持ち味は完璧には伝わらない気がします。「スパイダーマン」なんかでも映画館で観ると、ビルとビルの間を飛び回るシーンで酔いそうになりましたしねw なので、「この映画イマイチ」とか家庭用テレビの画面で観ただけで言ってしまうのは監督さんや映画関係者に失礼かも・・なぁんて気が。中にはDVDで観てもOKな作品もあるけど、できればやっぱり映画館の大きなスクリーンで観たいものですネ。

この間は『クローサー』を観ました。

closer / クローサー

男女の人間模様が面白かったんだけど、途中で人が来たり、電話が鳴ったりで、じっくり集中して観れなかったんですよね~ いつかもう一度観てみたいなぁ。そういう意味でも私は映画館で缶ヅメになって観なきゃダメなのかも(^^; ジュード・ロウはちゃらんぽらんなちょいワル男を演じるとカッコイイ。「リプリー」のジュード・ロウなんか私的にはハマり役で大好きです♪

リプリー

| | コメント (8) | トラックバック (2)

2006年5月 1日 (月)

真夏日!?

今日は暑かったですねー!!!ホントに暑かった。朝から暑かったもの・・ 真夏日だったってホントですか!?私の住んでるところはそこまではいかなかったと思うけど、いきなり薄着&半袖になりました。ついこの間までニットで平気だったのに(^^;

夏日と真夏日ってどう違うんだろうと思ったら、その日の最高気温が25℃以上だと「夏日」、30℃以上が「真夏日」なんですね。わかったつもりでいるけど、きっとすぐ忘れるだろうなぁ・・・ 数字にはホトホト弱いし、うといのでw

最近、“「あの人どうしてるかな?」とふと思い出す人”や、“電話をかけるほどじゃないけど話したい事がある相手”と偶然バッタリと出くわす事が多いんですよね。そして、その確率もだんだん高くなってる気がするんです。「会いたいと思った人には会えるハズ」という変な自信持ってしまいそう・・・というと少しオーバーかな 笑。でもきっと「会いたい」としっかり意識することがイイんじゃないかしら。意識しないと、もし出会っても気づかずにすれ違っちゃうので、基本はやっぱり「意識すること!」?

縁あって知り合えた人々が自分の人生にとって切っても切れない重要なキャストなんだなぁ・・・と愛しく思える今日この頃です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »