« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月

2006年12月31日 (日)

「硫黄島からの手紙」

昨日、年末ギリギリに「硫黄島からの手紙」を観てきました。

二宮君がいったいどんな演技をしているんだろう・・・という興味も大きかったのですが、個人的な感想としては、二宮君はいつもの二宮君でした 笑。なんかちょっとふてくされたような、どこにでもいそうな普通の男の人。なんか、文句が多い感じが現代っ子っぽいというか。でも途中からふと・・・・・ 「戦争になったら、ホントにこんな普通の市民まで借り出されるんだ・・・・・」と気付いたんですよね。そう思うとすごいリアリティで。

不平を言っているのを上官に聞かれ体罰を受けたり、ヘマな事もしがちなんだけど、普段から訓練を受けている軍人さんとは違うんだから仕方がない。二宮君が演じる男は本当はただのパン屋に過ぎないんだから・・・ 

「ただのパン屋」といえば、2,3日前の「硫黄島からの手紙」の新聞広告で糸井重里さんが書かれていた文章がすごく良かった。

P1000312 P1000311

「とにかくこの映画をいろんな人が観るといいと思った。どんな動機でもいいからとにかくたくさんの人が観るといいと思った。・・・」みたいな文章とあともう1つ。「僕がこの映画のキャッチフレーズを頼まれていたとしたら、これを提案します。“わたしはただのパン屋です”」と書かれていたんですが、映画を観て「なるほど」と思いました。 普通の人が無駄死にするのが戦争なんですよね。

この映画で渡辺謙が演じる栗林中将という人が温かい心を持った素敵な人でした。兵士達に「死に急ぐな」と言い、「最後の最後まで生き延びて、本土にいる家族のために一日でも長くこの島を守りぬけ」と前向きな声を掛けて励ますんです(>_<) 「死こそ名誉」と自分の任務をまっとう出来ずに戦い半ばで、自害する兵士も多いのに、(そのシーンは思わず目を塞ぎたくなりました)栗林中将のように「最後の最後まで生き抜いて闘う事が任務」と言い切る上官もいたんだと思うと少し救われました。一緒に闘っていた部下たちも少しは救われていた気がして。

あと、加瀬亮さんがいい味の演技をされていました。2007年、さらに活躍しそうな役者さん。

P1000315

戦争について感じるいい機会になると思うので、こういう映画は糸井さんの仰るとおり、誰もが観たらいいと思いました。そして、アメリカからの視点である「父親たちの星条旗」も是非観なくちゃと思ってます。

今年最後の一本。

| | コメント (9) | トラックバック (2)

2006年12月29日 (金)

「花」

今年一年を表す漢字。私の場合は「花」なのですが、理由はシンプルで、まずは「お花屋」の「花」。ほんの短い期間でしたが、お花屋さん勤めを経験したので。。。 

女の子にとっては、小さい頃からの憧れの職種の1つである「お花屋さん」ですが、なかなかハードな職場!キレイなだけではないし、力仕事だし、お客様のリクエストに沿った花束を作るという“接客業”でもある。でも、人の心を癒す力を持つ“花”のプロである店員さん達は、やはりハートの温かい方ばかりでした。

そして、花を買いにこられる方を見ていて気付いたことは、「節目」。発表会やお誕生日、結婚式などのおめでたい節目には花はつきもの。そして悲しみの場にも花はつきものなのだと実感。あるご夫人が、お花を買いに来られて、「一人娘を22歳で亡くして、それ以来お仏壇には花を欠かさないのよ」とうっすら涙を浮かべて話して下さった時には思わずレジを打ちながら胸がしめつけられる想いがしました。悲しいお花。。。 私はその方の様子が気になっていたんだけど、彼女はちょくちょく花を買いに来られ、店先で娘さんの話をしながらお花を買いつつ優しい笑顔も見せてくださり。。 花屋の店先で会話しながら花を選ぶ時間は彼女にとっては癒しの時間になっているのかも・・・と思えるようになりました。

悲しい節目ということでは、私の中学時代からの親友の母の死と、うちの愛犬の突然の死も ちょうど私が花屋勤めをしていた時期に重なったんですよね。命のはかなさ と だからこそ一瞬一瞬を生き抜く強さが 花のはかなさ、美しさに重なって・・・ なので、やっぱり今年の私の漢字は「花」です。

P1000313

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ベッカムの好きな日本食。

今日、小倉智昭サンが司会のスポーツ番組にベッカムが生出演してました☆

日本ツウのベッカムの好きな日本食知ってますか??番組の中でもったいつけて紹介してたんですが、私わかった♪それは・・・・

カッパ巻!!!

P1000314

2002年のワールドカップの時、ホーントにベッカム大好きだったからなぁ~ 

で、見てるうちにどうしてもカッパ巻が食べたくなってきて、食べちゃいました(* ̄m ̄) こんなにカッパ巻が食べたくなったの生まれて初めて 笑。 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月25日 (月)

洋服がいっぱい!!!

P1000295

これ、可愛くないですか? ↑

ヨドバシカメラ梅田店に、この度ユニクロが新規OPEN。
その広告なんです。

遠めに見たらパステルな感じのポスターで。でも、近くで良~く見ると、「U N I Q L O」と書かれたロゴは全部お洋服でできている!
\(◎o◎)/あまりのデザインの可愛さに感動――― !!

画像では「U」しか写ってませんが、わかるかしら・・・ (* ̄m ̄)

| | コメント (4) | トラックバック (1)

雪見チョコだいふく

少し前に発売された「雪見だいふく」のチョコバージョン。あっと言う間に店頭から消えてて「あれれ?」と思ってたら 大人気で品薄になってたんですって!(※友人調べ 笑)

P1000310

久々に見つけたので、その友人にも「クリスマスプレゼント」として届けてきました(^∀^*) 期間限定冬仕様のようです。

P1000309 P1000308

あ~ クリスマスに発見できて我ながらグッジョブ!笑 
友達、喜んでくれたからHAPPYです♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハーフ&ハーフ!

今年のクリスマスケーキはこれ!

P1000306

ホワイト&チョコ のハーフです♪

このケーキは以前に勤めていた職場の隣のお洒落なパン屋さんのもの。勤めていた当時、「どっちも食べたいなぁ~♪」という冗談のような話をしていたら、「じゃあどっちもどーぞ☆」みたいなことに 笑。

その年限定なのだと思っていたのですが、意外にも隠れた定番商品になりつつあるそうです(* ̄m ̄)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

12/16、17のこと。

ちょうど一週間前ですが、イチオシ君の今年最後の舞台を観に行ってきました。

土曜日、日曜日と合わせて4回公演。私はそのうちの2回を観たのですが、回によりキャストにも若干の変更があり、役者さん達のテンションや空気も少しずつ違うので、観た舞台はそれぞれ少し印象が違いました。それも舞台の楽しみの一つなのかも・・・。

イチオシ君に関しては、7月に観た初舞台より遥かに上手くなってて、迫力のある演技も観られました(^∀^*) 仲間との別れの場面で泣き叫ぶシーンでは「あれ?ホントに泣いてる・・?」と思い、後日、本人に聞いたらホントに泣いてたんだそうです!\(◎o◎)/ 役になり切ってる・・・ というか 役が乗り移ってる・・・と思える瞬間だったのね。確かに。

その演技は土曜日に観た時の方が、日曜日の演技よりも良かったので、まだまだバラつきはあるんでしょうけど。でもキラッと光る瞬間が確実にありました。

じゃじゃ~ん!!
公演終了後、ロビーにてファンと面会している姿公開☆

P1000297

マメツブですけど(笑) 真ん中あたりの背の高い人です。この時は演じ終えてすぐだったので、役者オーラ出てたなぁ~。普段とは違って、ちょっと近寄りがたいような?少しずつだけど、自分の道を歩き出してる自信のようなものがオーラになってた。

なかなか長いお芝居でしたが、観に行ってくれたお友達タチにはSpecial Thanks☆です!!!m(__)m

****************************************************

この日一緒に行った友とはまず、うめだ阪急前の屋台の花屋前で待ち合わせ。

P1000296

舞台終了後は、Elephant Cafeでアジアンディナー。

K206613ps1

P1000301 P1000299 P1000300 P1000302 

ピッチャーで乾杯!!スパイシーチキン、エビのカクテルサラダ(だっけ??)、でっかい餃子などなどいただきました・・・

美味しく 楽しいヒトトキでした(*^_^*) 友に感謝。出逢いに感謝。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年12月24日 (日)

他人とかぶらない魅力

昨日TVで、演出家の蜷川幸雄さんが、嵐の二宮和也君について話しておられたのが印象的でした。

「ニノはいつも寒そうにしてるような雰囲気がある。他人との間に隙間があるというか。それが現代的な感じで・・・」

みたいな表現だったんですよね。私はもちろんテレビでしか二宮君を見たことはないけど、確かに二宮君って、少し影があるというか、おどおどしたような感じがある。蜷川さんの「いつも寒そう」という表現には ピン!ときました。うん。確かにそんな感じ。

実は、現実の世界にはそういう少し欲求不満で少し寂しそうな男の子ってたくさんいる気がするけど、役者さんの中にそんな感じを漂わせる人って確かに多くないかもしれない・・・。堂々とキラキラした、いわゆる「主役の存在感」を感じさせる人は多いけど、ちょっと斜めの位置にいながらも存在感が光るような人。そんな“他人とかぶらないキャラクター”は芸能界において大切な強みですね。二宮君の場合、地で演じている感じがするから さらに凄いんだけど。

舞台などで色んな役者さんを観ていても、演技の上手下手以前に 人間的魅力で違ってくる気がする。そう言ってしまったら元も子もないけど、タレント性って“人とかぶらない存在感と人間的魅力”なんだな。きっと。。。(そしてイチオシ君にはそんな魅力があると私は信じているッ☆)

二宮君の話に戻りますが、彼って演技者としての評判がホント高いですね。特に「硫黄島からの手紙」。やっぱり観に行きたいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月23日 (土)

キミちゃんとキリンさん。

SoftBank携帯のCM。

キャメロン・ディアスのはサイコ~☆すごぃカッコイイし、キャメロン可愛いー!!!と思って感動した。

続いてブラピが登場した時は、スゴいのが続きすぎでオドロキはなかったけど、やっぱりカッコイイし、すごいお金かけてるなぁーという点でビックリ。

でも、今度の【ゴールドプラン】のCMはどうなんでしょー!???

女子高生が数名で「夜に電話するね~」とか言ってるCMです。 “キミチャン”という女の子は自分だけソフトバンクじゃないから、「私はいいよ。お金かかるし・・・」と遠慮するのです。そしたら友達が「キミチャンが悪いわけじゃないよ」とか慰めるんだけど、それってフォローになってないし・・・^_^;

なーんか露骨すぎてこういうCMはセンスを感じないかなぁ~~~ いくらCMだとは言え、インパクトが強ければそれでイイというわけじゃないと思うので。

■最近のヒットCMは、やはりフジフィルム樹木希林さんでしょー。

あのイナバウアーのトリックは単純だけど意外と思いつかないから、可笑しい!!!あんな年賀状もらったら、最高だなぁ☆

フジフィルムのCMを見ると「平和なお正月」を感じる人は多いのじゃないでしょうか?それってすごい~ッ(*^_^*)  

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2006年12月15日 (金)

ナチュラル!

松雪泰子さん、中谷美紀さん、竹内結子さん、柴咲コウさん、沢尻エリカさん、山田孝之さん、市原隼人さん・・・・ などなど旬の人気モノ俳優さんやザ・女優さんな方々。この方たちの共通点は皆さん「スターダストプロモーション」所属なんですよねッ。

スターダスト所属のこれから輝くであろうフレッシュタレントさんのサイトがあるそうで、その名も"nachural"(ナチュラル)。スタッフさんのブログでアンケートを募っておられたのでちょこっと参加してみますw

●ナチュラル・アンケート!●http://www.nachural.jp/

1)nachural.jpを知った場所!

  「職業、芸能スカウト」(スターダスト新人開発部ブログ)で。

2)メンバーで"カッコイイ!"と思った子3人!

  伊藤庸介サン(爽やかでカッコイイ。私はこの方が一番好き)
  伊藤涼太クン(強い目がイイ。この年齢でもはやカッコイイ)
  隆光サン(こういう人が笑うと 意外性でカッコよさそ)

3)メンバーで"カワイイ!"と思った子3人!

  竹村翔クン(独特の存在感と雰囲気がありあり。。)
  高野健人クン(なぁんか かわいいけどカッコよくて!)
  伊藤庸介サン(コメントが面白くて可愛ぃとこも素敵w♪)

4)ここ1週間で何回アクセスした?
   
  4回くらい?

5)良く見るページ・メニューは?

  「インタビュー」(デビューのきっかけが気になる!)
  「ギャラリー」

6)その他、感想とか!何でも!

すごく綺麗なサイト・・というのが第一印象。スタダの俳優さんって、山田孝之さんのような存在感の強い方が多い気がしていましたが クールで爽やかな感じの方や少年までおられるんですね・・・ 
ハッとしました。

------------------

ということで、皆さんは誰がタイプですかぁ!?w 私は伊藤庸介サン!(^∀^*)

でもねー。イチオシ君も充分ここに載るくらいカッコイイですw 来年はナチュラル元年になりますように―☆

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006年12月13日 (水)

気になるMacくん。

現在使用中のPCはWinXPのVAIO君。

ほーんとにもうそろそろヤヴァイけど、こうなったら最後の最後まで使い倒そう!!と思ってます。このコの次はもうVAIOは買わないかな。。今は何となくウサタクが気になります・・・(<・>_<・>)ジィィィ

しかし、Macも気になるんですッ!!o(>ロ<o) (o>ロ<)o(>ロ<o)

Footer20060501

ど~して!?どうしてクリエイティブ関係のお仕事の場ではMacが多いの??そんなに何か特色があるのかしら??もともとその世界ではMacが主流だった名残りなのかな・・・ 気になるわぁ~ なぜだか楽しげなマック君!

私も、もし生まれ変わる事ができたとしたら、何かを創る仕事に就きたいなぁと思うのです。出版社の編集者とか、新聞記者とか。広告代理店でCMプランナーとか、テレビ局の裏方さんとか・・・ って思いっきり夢みたいな空想で妄想の世界ですけど。でも何かその端くれみたいな「表現する仕事」に少しでも関わりたいなぁー。あぁ 芸大に入りなおしたい!(って思考も順序もメチャクチャなってます 汗)

そういう世界って自分で求める“レベル”や“完成度”に達するまでは産みの苦しみでしょうが、出来上がったらすっきりとキモチイイですよねッ!言葉一つでも自分の気持ちにピッタリの言葉を選ぶ作業って、時間がかかりますもんね。それのもっと壮大ヴァージョンなんだから すごいエネルギーといつも新鮮な脳ミソ(発想というべきか)が必要な世界だと思います。

でも周りを見渡すと、こういう事に快感を覚える前向きで熱い体質の人達がけっこう多い気がするなぁ・・・(^u^) 「こだわり派」で「芸術家」で「クールでいて熱い」お友達がリアルでもネットでも増殖中かも 笑。 

こうやって書くとすごいモノを理想としてそうですが、ささやかに日常生活の中で、ブログを書くとか、部屋に花を生ける、模様替えする、綺麗に料理を盛り付ける、流行を取り入れつつ自分らしいファッションを楽しむ・・・・ など小さな自己表現も立派に創造的なことですよね☆そんなことにこだわる日常生活って素敵ですもん♪

まずはともあれ、今は イケメンをプロデュース中だし(イチオシ君の応援のこと 笑)楽しい日々ですけど(* ̄m ̄) 

あー。なんかテンション高い自己満足なこと書いちゃいましたが、まぁブログってのはそんなものですよね。その時の一瞬の気持ちを忘れないように書きとめる「心日記」ですゆえ。

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2006年12月12日 (火)

「命」

今年もこんな時期になったんですね・・・・

本日、今年の漢字が発表されました。今年は「命」だそうです。

P1000294

悠仁さまのお誕生や いじめ自殺、飲酒運転による痛ましい事故などなど、命について考える機会が多い1年だったからという事のようですが、私、毎年この行事が好きで発表が楽しみ♪

昨年は「愛」でしたよね。それにしてももう1年が経つと思うとホントびっくりだなぁ・・

そしてこの行事と同様、毎年、自分の1年を振り返る漢字を考えるんですが(* ̄m ̄)今年の私の漢字は「花」

今年はすんなりと決まったなぁ~ どうして「花」かについてはまた今度書こうと思いますが、あれ??? 昨年の私の漢字は「星」だったので、今年が「花」だと何か宝塚歌劇っぽい?? この調子で行くと来年は「雪」か「月」か「宙」ー!???笑 まぁ そうなりゃそうなったで楽しげでいいかも。 _・)ぷっ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月11日 (月)

朝日新聞の「ある欄」

P1000285

先月くらいからかな?朝日新聞の朝刊に「いじめている君へ」、「いじめられている君へ」というエッセイが度々掲載されている。

俳優だったり、作家だったり、医者だったり、脚本家だったり、スポーツ選手だったり、男だったり、女だったり、老人だったり、若者だったり・・・ 書き手は様々。

この記事を読むと毎回胸が熱くなります。子ども達も新聞のこの欄に目を向けてくれているといいなと思います。

新聞というメディアだからこそできる一つの手段な気がしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

りんございるもりそん。

先週のMステ。すごく好きなアーティストが出てるわけじゃなく、そんなに期待せず観ていたのになんだか良かった。

椎名林檎のキレたような歌い方はやっぱりイイな。心の中そのものが見える気がするし、歌ウマイし 感受性の豊かさがホント魅力的。

あと、EXILE。私にはEXILEの世界はカッコよすぎて、今までそんなに・・・だったんですが、今回、新メンバー2人がカッコよくて、ちょっと気になってしまいました(* ̄m ̄) 

Everything (DVD付)

公式サイトを見てビックリしたけど、EXILEって皆さんすごぃ背高いんですねッ 177とか180とか184とか・・・!そんな長身の人達があんな踊って歌ったら、そりゃカッコイイよね 笑。新メンバーのTAKAHIROさんは、EXILEの新ボーカルを選ぶオーディションで選ばれた方。もともとは美容師さんだったけど歌をあきらめきれずに力仕事のバイトしながらこの道を目指してたそうで、なんか初々しくて可愛らしい感じが素敵。

そして海外からのゲストのジェイムス・モリソンの「君に逢えてよかった・・・。(You Give Me Something)」も良かった!

ジェイムス・モリソン(特別限定価格)

今年8月のUKチャートで初登場1位というデビューを遂げたイギリスのシンガー・ソングライターなんですって。“甘みのあるハスキー・ヴォイス”らしいけど、確かにグッと来る歌声でした。思わず、着うたダウンロード 笑。

「歌」って、ドラマや映画に比べたらうんと短いけど、とてもストレートな感情表現。心に響く曲に出逢えるたびに、カラダの中にすごくいいエネルギーが流れるのがわかりますものネ。いいわぁ~ 歌。ホントに好き。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »