« 「花」 | トップページ | 2007初感動は笑顔! »

2006年12月31日 (日)

「硫黄島からの手紙」

昨日、年末ギリギリに「硫黄島からの手紙」を観てきました。

二宮君がいったいどんな演技をしているんだろう・・・という興味も大きかったのですが、個人的な感想としては、二宮君はいつもの二宮君でした 笑。なんかちょっとふてくされたような、どこにでもいそうな普通の男の人。なんか、文句が多い感じが現代っ子っぽいというか。でも途中からふと・・・・・ 「戦争になったら、ホントにこんな普通の市民まで借り出されるんだ・・・・・」と気付いたんですよね。そう思うとすごいリアリティで。

不平を言っているのを上官に聞かれ体罰を受けたり、ヘマな事もしがちなんだけど、普段から訓練を受けている軍人さんとは違うんだから仕方がない。二宮君が演じる男は本当はただのパン屋に過ぎないんだから・・・ 

「ただのパン屋」といえば、2,3日前の「硫黄島からの手紙」の新聞広告で糸井重里さんが書かれていた文章がすごく良かった。

P1000312 P1000311

「とにかくこの映画をいろんな人が観るといいと思った。どんな動機でもいいからとにかくたくさんの人が観るといいと思った。・・・」みたいな文章とあともう1つ。「僕がこの映画のキャッチフレーズを頼まれていたとしたら、これを提案します。“わたしはただのパン屋です”」と書かれていたんですが、映画を観て「なるほど」と思いました。 普通の人が無駄死にするのが戦争なんですよね。

この映画で渡辺謙が演じる栗林中将という人が温かい心を持った素敵な人でした。兵士達に「死に急ぐな」と言い、「最後の最後まで生き延びて、本土にいる家族のために一日でも長くこの島を守りぬけ」と前向きな声を掛けて励ますんです(>_<) 「死こそ名誉」と自分の任務をまっとう出来ずに戦い半ばで、自害する兵士も多いのに、(そのシーンは思わず目を塞ぎたくなりました)栗林中将のように「最後の最後まで生き抜いて闘う事が任務」と言い切る上官もいたんだと思うと少し救われました。一緒に闘っていた部下たちも少しは救われていた気がして。

あと、加瀬亮さんがいい味の演技をされていました。2007年、さらに活躍しそうな役者さん。

P1000315

戦争について感じるいい機会になると思うので、こういう映画は糸井さんの仰るとおり、誰もが観たらいいと思いました。そして、アメリカからの視点である「父親たちの星条旗」も是非観なくちゃと思ってます。

今年最後の一本。

|

« 「花」 | トップページ | 2007初感動は笑顔! »

「2006年に観た映画」カテゴリの記事

コメント

ありがとうございます><。
探してみますね◎

投稿: りん | 2007年1月18日 (木) 23時19分

*りんさん*

はじめまして(^∀^*)  コメントありがとうございます!!
「硫黄島からの手紙」、いい映画でしたよね~
なんか普通の戦争映画とは違った奥深い意味が感じられる
映画だった気がします。お互いの国の事を思いやれれば
なにか違ってくるんじゃないかなぁ・・・ ということを
多くの人が強く強く感じてほしいですね!

さて、糸井さんの載った広告ですが 多分、12・29と
1・5じゃないかなぁと思いますよ。金曜日の夕刊・・・と
いう感じかな?私は朝日新聞の夕刊でみましたが
他の新聞にも載っていたのかもしれませんね!?

ではでは(^∀^*)  お役に立てれば何よりです☆ 

投稿: スミレ* | 2007年1月17日 (水) 09時13分

はじめまして><。いきなりコメント失礼します。
私も最近硫黄島見ました。
戦争を全く知らない訳ですが、とにかく感動しました><。

で、なぜいきなりコメントさせてもらったのかというと、、、
糸井さんのコメントの載った新聞広告を見た記憶はあるのですが、
いつの何新聞だったか忘れてしまい。。。
もしわかったら教えていただきたいと思ったんです!
お願いします><
突然、失礼しました。

投稿: りん | 2007年1月17日 (水) 01時10分

やっぱり・・・??(* ̄m ̄)
ちゃんとみてみます 笑

投稿: スミレ* | 2007年1月 7日 (日) 13時15分

スミレさん・・・西島くんには似てないです。加瀬さんは・・・。

投稿: kiki | 2007年1月 5日 (金) 22時09分

◎すぬ♪さん●

うわわわッ 阪急百貨店の紙袋に続き、なんかすぬ♪さんの
まわりって・・・・・・ という感じです!
でも、硫黄島ってこの映画まで実はよく知らなかったかな。私。
聞いたことはあったかもだけど こんな戦いがあったなんて。
そして、すぬ♪さんのおじいさまがあの中で戦っておられた
なんて。。 まさにあの映画そのものですよね。
悲しいけど、栗林中将という方は温かい人だったみたい。
観たら少し救われるかもです。
すぬ♪さんも是非是非観に行って下さいねm(__)m

多分、私達の年代の人もちょっと頑張って伝えなきゃ
若い子達はさらにわかんなくなっちゃうもんねー・・・
戦争を繰り返さないように 赤紫オーラ族も微々たる力かも
だけどがんばりましょーね!!(^_-)-☆
おじいさまのこと教えてくれてありがとう!!

投稿: スミレ* | 2007年1月 5日 (金) 01時21分

●kikiさん◎

そうですねー。私も戦争映画はあんまり観ないんですよ。
確かに、映画でまで苦しい現実を観たくない気がして・・・
多分、二宮君が出てなかったら観なかったかも 笑
でもきっと私みたいな人も多いと思う。わか~い子も二宮君に
つられて観に行くかもしれない。やっぱり知ってるようで
知らないことだと思うから、良く知らない人はこういうのを
観る機会を持つのは一つの経験かな?と思ったり。
私もわかってるようで よくわからない1人なので(笑)
観てみました。
こう・・・ 全然お涙ちょうだいじゃなく、あくまで淡々と
現実を描いているので 正義とか平和とかについて
熱くなりましたよ!
kikiさんの言うとおり、ほんのささいな行き違いが根本だと
思います。戦争って。
まるで子どものケンカと一緒だと思う。力づくでは絶対に
解決しないってわかってるのにね~。。ホント信じられない。
命をなんだと思ってるんだろー

加瀬亮さんは未だに顔がはっきりわかりません 笑
なんかちょっとだけ西島秀俊さんにも似てない??笑笑

投稿: スミレ* | 2007年1月 5日 (金) 01時12分

またもや久しぶりのコメですまぬです。
「硫黄島」実は私の祖父の戦死地でして、
父がまだ小学生の時に戦死し、祖母はそれ以降
戦争未亡人となりました。
父も早くに「おとうちゃん」を亡くし、まだ下に乳飲み子の弟が
いたので、小学生にして一家の主として働いてきたようです。

祖母が亡くなる時に、私にだけ言った言葉が今も心に残って
いて、直接「硫黄島」には関係ないけど、おばあちゃんにとっての
「おじいちゃんの硫黄島」はまだ終わってなかったんだな・・と
この映画で硫黄島がクローズアップされるようになって初めて
ちょっとだけ理解できたように思います。

おばあちゃんも亡くなり、小さかった父も70歳を超えました。
このお正月に娘たちはおじいちゃんに戦争の実体験を聞き、
「戦争を実際に体験したおじいちゃんがいるって思ったら、
日本の戦争は昔話じゃないんやな・・・」と言ってました。

私もせめて、私のルーツであるおじいちゃんの最期を
もっと知って娘たちに伝えていこうと思いました。
私も必ず観にいこうっと。

投稿: スヌ♪ | 2007年1月 4日 (木) 01時20分

加瀬亮さんは・・・演技をCMでしかみたことないんですよね。
やたらとこの人CMでよくみるなーって思ったりして。

しかし私は戦争映画は大嫌いなのでみないんですよね。
どんなにいい映画でも暗い気持ちになるからみたくないんですよ。いいたいことはわかってるので。
うーん、、、確かに今もなお戦争している国はあるんだけど。。。
一番怖いのは戦争もそうだけど人間の思い込みなんじゃないのかなぁと思うんですよね。思い込みの違いで戦争が発生するのかなぁなんて思ったり。

色々な人間がいるからしょうがないとも思うけど、全部の国で協調はできないんでしょうかねぇ。地球も危ういのにささいな争いなんかしてる場合じゃないと思うんですけどね。

投稿: kiki | 2007年1月 3日 (水) 21時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/46259/4743111

この記事へのトラックバック一覧です: 「硫黄島からの手紙」:

» 宣伝会議賞へ 応募してみる [宣伝会議]
宣伝会議賞というものがありまして、実は今回で44回目となる 歴史ある、公募広告の賞なんです。 63年から回を重ねて、今回、 「第44回宣伝会議賞」となった訳です。 この「宣伝会議賞」とは、広告の表現などを競うものでして、 キャッチフレーズだとか、コマーシャルの企画などを、 応募するわけです。 若手コピーライターや、プロの広告クリエイターなどを 目指している人は勿論のこと、自身の能力を試してみたい、学生・... [続きを読む]

受信: 2007年1月 3日 (水) 23時31分

» 映画「硫黄島からの手紙」 試写会にて [渋谷でママ気mama徒然日記]
監督:クリント・イーストウッド 製作総指揮:ポール・ハギス 原作:栗林忠道 、吉田津由子 脚本:アイリス・ヤマシタ 音楽:クリント・イーストウッド 出演:渡辺謙 、二宮和也 、伊原剛志 、加瀬亮 、松崎悠希 、 中村獅童 、裕木奈江 公式サイト ママの...... [続きを読む]

受信: 2007年1月14日 (日) 00時12分

« 「花」 | トップページ | 2007初感動は笑顔! »